HOME » やわらかおいしい介護食

やわらかおいしい介護食

食べやすくやわらかく調理した介護食を、主菜や副菜などにわけてレシピをまとめました。

介護食のやわらか食をつくるためのレシピ

まずは介護食のためのやわらかな食事、特に再形成食のレシピをつくるためのお役立ちグッズを紹介します。これがあるだけでやわらか食はグンとラクになります。

ミキサー

介護食レシピつくりの必需品ミキサー食材をペーストにする時やとろみ剤を混ぜるときに便利です。

写真は大きなカップしかないのですが、カップが大小あるものを選べば、少量の介護食づくりの時に便利です。

刃が空回りしやすい時は、フラッシュボタンを使ってある程度全体を切り刻むとうまくいきます。

我が家にはないのですが、バーミックスがあれば、それで代用できるかもしれません。

【選ぶ際のポイント】

  • 耐熱ガラスであること
    介護食をつくる際は、でき上がったアツアツを入れてミキシングすることもあります。いちいち冷ましてからでないとミキシングできない素材だと、介護食づくりが面倒になってしまいます。
  • 分解して洗えること
    刃とカップ部分が一体化しているものは、もったり、モッチリしたペースト食を洗うときに非常に不便です。全て分解して洗えると、細かい部分に残ったペーストもすっきり洗えます。

シリコンカップ

介護食つくりに便利なシリコンカップお弁当グッズのところに売っています。野菜などのやわらか食を形作るのに便利です。野菜などペースト状のものを入れて固めると、再形成食が形作りやすくなります。

お役立ちグッズを手に入れたら、さっそくやわらか食にチャレンジしましょう。