HOME » 噛む力が弱い方に適した介護食の種類 » きざみ食・軟菜食・ミキサー食

きざみ食・軟菜食・ミキサー食

介護食のはじまりである、きざみ食や軟菜食からミキサー食までをまとめました。

介護食のキホン:きざみ食とは

きざみ食にも注意点はいろいろ“噛む機能”が弱くなったお年寄りには、食べ物を小さく刻んで食べやすくする“きざみ食”をつくります。

けれども、唾液の少ないお年寄りにとては、“刻んだだけのフライ”や“みじん切りのキャベツ”食べ物の細かい粒が口全体に広がってしまい、飲み込むときにまとめることが出来なくて、むせやすくなります。また、固くて細かい食品の粒は、入れ歯と歯茎の間に入り、痛みの原因にもなります。

刻んだ後に、ある程度とろみがあって刺激のすくないソースなどでまとめるようにすると、飲み込みやすくなるでしょう。

介護食のキホン:軟菜食とは

固い食べ物が食べられない、脂っこいものが胃にもたれるというお年寄りに向いているのが軟菜食です。

基本的には家族と同じメニューで大丈夫ですが、よく煮込んで比較的柔らかめに仕上げたり、小さなスプーンで食べられる大きさにカットします。舌で潰したり歯茎で噛んだりできるくらいのやわらかさが基本なので、赤ちゃんの離乳食のやわらかさに近いかもしれません。

軟菜食の注意点は、どれだけ煮込んでもやわらかくならないものがあるということです。ごぼうなどの繊維が多い野菜、菜っ葉の軸、こんにゃくやかまぼこなどのくにゃくにゃした感じのもの、きのこ類、分厚い肉などは、煮込むだけでなく、刻んだりペーストにするなどの工夫が必要でしょう。

介護食のキホン:ミキサー食とは

ミキサー食というのは、ミキサーにかけて、どろどろした液体状にした食事のことです。しっかりミキサーにかけて、粒などが残らないようにして、きざみ食や軟菜食では食べられないものを食べてもらいます。

ミキサー食の場合、あまりさらさらして流れやすいようだと、気管にさっと入ってしまってむせたり誤嚥のものになったりするので、とろみ剤でとろみをつけます。

ただし、食事そのものを一挙にミキサーにかけてしまうのはNGです。全ての食材が混じり合った味は美味しいものとは言えません。手間でもひとつひとつミキサーにかけましょう。

美味しいミキサー食のレシピ集はこちら