HOME » 嚥下障害のためのとろみ剤ナビ

嚥下障害のためのとろみ剤ナビ

嚥下障害の方に向けた嚥下食づくりに最適なとろみ剤についての基本情報をご紹介いたします。

嚥下食づくりをラクにしてくれるとろみ剤

まずは基本のおさらいからですが、介護食には段階があります。

  • 1.大きいものや固いものは食べにくいが、噛むことができる
  • 2.歯茎や舌でつぶせるくらいの固さは食べられる
  • 3.噛む必要がないぐらいやわらかいものをつくる必要がある

とろみ剤の活用範囲は広いです。こうした段階を経て、現在は誤嚥による肺炎などのトラブルを防ぐ為に、とろみ剤を活用した嚥下食を作っています。

嚥下障害を持つ人にとって、一番飲み込みにくいものが「サラサラした水分」。そのため、水やお茶から、スープやドレッシングまで、とろみ剤の活用の幅は広いのです。

とはいえ、いざとろみ剤を使ってみようと考えても、案外種類が多かったり、使い方がイマイチわかりにくかったりで、手を出しかねている方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは、とろみ剤の使い方や成分、とろみ剤を活用したレシピ情報などについてまとめてみました。参考にしてみてください。