HOME » 食材別に選ぶやわらか介護食レシピ » 豆・きのこ

豆・きのこ

ヘルシーな豆やきのこを介護食に使ったレシピや注意点をまとめています。

豆やきのこを介護食に使う場合の注意点

豆やきのこを介護食へ豆やきのこもお年寄りの好きな食材です。あっさりしていて食べやすく、豆にはたくさんのたんぱく質が、きのこにはたくさんの繊維質があることから、介護食としてはぜひ取り入れたい食材のジャンルです。

豆を介護食に使う場合は、指でつぶせるぐらいにやわらかくゆでることが大前提です。歯ぐきでつぶせなくても、スプーンの背でつぶせれば豆の食感を残したまま食事を楽しむことができます。きのこは加熱するととろみが出るので、介護食の初期であれば、スープやたれのとろみ付けの代わりにもなります。

ただし、嚥下障害が出た場合、いずれの食材も危険がでてきます。豆は皮がのどにはりつきやすく、中のパサつきも気になります。きのこはつるりと入ってしまう分、誤嚥の元になりやすくなります。いずれの場合も再形成食にするなどして、事故を防ぎましょう。

おすすめレシピ1:煮豆

おすすめレシピ:煮豆【材料】

  • 市販の煮豆…1袋
  • 湯…80~100cc
  • まとめるこeasy…3g

【作り方】

  • おすすめレシピ:煮豆1.市販の煮豆をミキサーにあけ、ぬるま湯を加えて。ミキサーにかけ、ペースト状になったらまとめるこeasyを加えてさらに混ぜる。
  • 2.全体が重たくモッチリしてきたらポリ袋に入れる。
  • 3.2が固まったら袋の先をハサミで切り、絞り出しながら調理ばさみで切って豆の形にする。

※煮豆は砂糖が多くべたついているので、水よりもお湯の方がミキシングしやすいです。

おすすめレシピ2:里芋としいたけの煮物

おすすめレシピ:里芋としいたけの煮物【材料】

  • 冷凍のさといも…10個
  • しいたけ…2つ
  • 白だし…適量
  • 水…適量
  • まとめるこeasy…3g

【作り方】

  • 1.しいたけは一口大に切り、さといもとともに白だしで煮て煮物をつくる。
  • 2.しいたけを取り出し、水を加えてミキサーにかけ、ペースト状になったらまとめるこeasyを加えてさらに混ぜる。
  • 3.全体がもっちりしてきたらラップに包んでまるめ、20分ほどおいて形をつくる
  • 4.3が固まったら切り分けてさといもとともに盛りつける。

※さといもはスプーンの背で簡単につぶれるくらいまで煮含めます。嚥下が心配な場合は、つぶしてまとめるこeasyで再形成食にしましょう。