HOME » 頑張りすぎない食事介護のコツ » こんな食材には気をつけて

こんな食材には気をつけて

食事事故を起こさないために、できる限り避けたい食材をご紹介します。

嚥下障害の危険性とは

嚥下障害の危険性とは嚥下障害は、脳梗塞などで麻痺が残り、上手く飲み込めなくなったことを指します。他の部分に比べて自宅やケアセンターでのリハビリがしにくく、回復が難しい場所でもあります。

嚥下障害が起きると、食道から胃ではなく、肺の方に食物が入ってしまうことがあります。健康な人なら咳をして吐き出すことができるのですが、嚥下障害があると吐き出せず、肺炎などの原因となります。お年寄りの肺炎の多くが、この誤嚥性肺炎によるものといわれています。肺炎の原因ともなる嚥下障害には注意が必要です。

これだけは気をつけたい食材

できれば避けたい食材たち飲み込みにくいお年寄りにとって、パサ付きがあったり貼り付いたりするものは非常に危険です。

特に海苔は、のどに貼り付いてしまうと取れなくなり、非常に苦しい思いをさせてしまいます。海苔を食べたい場合はごはんですよなどの岩のりにし、巻き寿司も薄焼き卵を使うなど工夫しましょう。

餅にも気をつけてもちろん、餅も危険な食材のひとつです。餅は伸びが良いためにやわらかくしても貼り付きやすく、さらに時間が経つと固くなってしまいます。

飲み込みに不安があるお年寄りの場合は、白玉粉と豆腐で餅をつくるなど、切れやすいものにすると良いでしょう。

 
 
 

とろとろ、ねばねばにも注意

納豆にも注意!飲み込みにくい段階に入った場合は、きのこなどのとろとろ食材や、納豆などのネバネバ食材も避けたいものです。きのこはつるりと入ってしまう為に誤嚥しやすく、ネバネバ納豆はいつまでも口の中に残って気分が悪くなってしまいます。

市販のとろみ剤は、飲み込みやすい粘度に調整できる点で、自然の食材よりも食べやすくすることができます。

嚥下障害がある場合は、特にとろとろ、ねばねばの扱いには注意が必要でしょう。