HOME » 頑張りすぎない食事介護のコツ

頑張りすぎない食事介護のコツ

家族の介護が始まると、家の中は一変します。特に、介護を主に担当する人は、家事も介護も一手に引き受けてしまうことが多く、行き詰まってしまいがちです。

介護のために外に出ることが少なくなるため、介護の基本的な情報も手に入れにくくなり、自分ひとりで試行錯誤してしまい、介護事故を招いたりして追いつめられてしまう方も多いようです。

介護者が共倒れにならない食事づくり

 息抜きをしながら、長期的な食事介護をそこでここでは、食事介護の基本的な情報や注意点、手を抜いてもOKなポイントなどをまとめました。

今現在、介護担当者の多くは、管理人同様、60代前後が多いようです。真面目に家族に尽くしてきた世代であり、手抜きを悪いことと考える人も多いようです。けれども、介護者が疲れて体調を崩してしまっては、介護される側はもっと大変なことになるのです。介護の共倒れは、介護者も介護される側も家族も不幸になってしまいます。

ぜひ、介護する人は良い意味での手抜きや息抜きを覚えて、介護に対する負担を減らしてもらいたいなと思います。