HOME » 介護用とろみ剤を比較しました » つるりんこQuickly

つるりんこQuickly

  • つるりんこquickly商品名:つるりんこQuickly
  • 発売元:株式会社クリニコ(森永乳業グループ)
  • 価格:1,240円
  • 容量:3g ×50本
  • 原材料:デキストリン、キサンタンガム、乳酸カルシウム、クエン酸三ナトリウム
  • WEBサイト:http://www.clinico.co.jp/
 

仕上がりの美味しさが人気のつるりんこQuickly

温かいものにも冷たいものにも「そのまま」トロミをつけられるのが、つるりんこの最大の特徴です。加えてかき混ぜるだけでダマになりにくく、サッと溶けるので、失敗が少ないのが特徴です。

ベタつくような粘りけがなく均一で滑らかな仕上がりになるのも、つるりんこの特徴です。見た目の透明感・無味無臭にこだわっているとのことで、透明感のある仕上がりになり、食品本来の色を再現することができます。

原材料をしっかりと書いてある点も、安心できる大きなポイントです。実は、とろみ剤の多くに含まれる増粘多糖類のキサンタンガムは、とりすぎるとおなかがゆるくなってしまうことがあります(ゼロカロリーのチョコレートなどに入っていますね)。今回調べた商品はすべて「増粘多糖類」とのみ表記されていました。健康を気にする介護食だからこそ、きちんと表示して欲しい部分をしっかり表示しているところは好感が持てますね。

さらに、つるりんこには、「つるりんこQuickly」「つるりんこPowerful」「つるりんこ牛乳流動食用」と、目的別に3種類から選ぶことができます。

私は基本的には「つるりんこQuickly」をメインに使い、少量でしっかり固めたい場合は「つるりんこPowerful」を使用、急いでいるときは、通常なら20分掛かるところ、7分前後でとろみがつく「つるりんこ牛乳・流動食用」を使っています。

気になる口コミを集めました

さまざまなとろみ剤の中で、一番ダマにならないのがこのつるりんこです。使いやすく、失敗も少ないです。3gアルミ個包装なので、保存もしやすいのも大きなポイントです(60代 女性)

栄養士さんから薦められて購入しました。 冷蔵庫から出したばかりの冷たい麦茶でもサッと溶けるので、重宝しています。温かいものは温かく、冷たいものは冷たいままで使えるので、食事の準備時間が少なくてすみますし、美味しく食べることができるようです(50代 女性)

時間が経っても変化がないので、作り置きができます。シェアナンバー1、医療施設などでも使われているというのも納得です。